理系作業療法士のブログ

作業療法をもっとロジカルで分かりやすいものに。

パワーポイントのテクニック・小ネタ

学会発表などでPowerPointを使用される事は多いかと思います。

でも、スライドを見ていると文字だらけだったり、伝えたいことが分かりにくいものも多いです。実際に使っているテクニックや小ネタ集をまとめてみました。  

1スライドに1つのメッセージ

よくあるのが、詰め込みすぎて何が言いたいのか分からないスライドです。

発表者の自己満足なものは分かりにくいです。シンプルなものにします。 

文字は大きく、少なく

情報量は少ないほうがメッセージ性を強くし、ビジュアルも美しくなります。また、聞き手は話に集中できるので、なるべく画像を使用し、文字は減らします。

もちろん、減らすのにも限界がありますので、よく言われる6行までにします。

f:id:zenryu:20170914213325p:plainf:id:zenryu:20170914213344p:plain

 

タイトルのフォントを「ヒラギノ角ゴPro」にする

PowerPoint2016では、デフォルトだと「遊ゴシック」に設定されていると思います。これも良いのですが、「ヒラギノ角ゴPro」がおすすめです。

 

これを、「ヒラギノ角ゴPro」に変更します。

f:id:zenryu:20170914213925p:plain

文字がはっきりして見やすくなります。

f:id:zenryu:20170914213942p:plain 

その他:ショートカットキー集

ショートカットキーは覚えるのが面倒なのですが、一度覚えてしまうと作業効率がアップします。

コピー:「Ctr」+「C」

切り取り:「Ctr」+「X」

貼り付け:「Ctr」+「V」

 

以上、知っている人にはなんでもないことですが、何かのお役に立てればと思います。

参考文献・URL

www.amazon.co.jp

www.presentationzen.com