読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

理系作業療法士のブログ

整形外科、認知症、内部障害の作業療法に取り組んでいます。OTの仕事や研究について書いていきます。

「地獄でなぜ悪い」から患者さんの気持ちを考える

地獄でなぜ悪い」〜入院している時、どんな気持ちか?〜

 

2016年末。「恋ダンス」「逃げるは恥だが役に立つ」が大ヒットし、社会現象と言えるまでになりました。

星野源さんの「地獄でなぜ悪い」という曲をご存知でしょうか?

 

星野源さんは、歌手・俳優・エッセイストであるとともに、その若さでクモ膜下出血とその再発により、入院・闘病生活を送っておられたという過去があります。

再発がわかるまでの合間にレコーディングされたのが、「地獄でなぜ悪い」という曲です。

星野源さん自身の闘病生活の経験が、歌詞に現れています。

 

〜病室 夜がそろそろ 心を蝕む 唸る隣の部屋が開始の合図だ〜

〜いつも夢の中で 痛みから逃げてる〜

〜生まれ落ちた時から 出口はないんだ〜

 

私は入院したことがなく、患者さんの気持ちが分かっているとは言い難いのですが、

この歌を聴くとこれまでの患者さんの顔が浮かんできます。

様々な不安や痛みを訴えておられました。

どんな過去を乗り越えてきたか、語っておられました。

これから家族に迷惑がかかるのではないかと危惧しておられました。

 

医者も看護師も、(それから世間的にはマイナーな仕事かもしれませんが)作業療法士も、

患者さんからはどんなことを考えていて、どんな気持ちで過ごしているのか、感じとらなければいけません。

 

相手の気持ちを考える、そんなことは全員分かっている事ですが、実際に行う事は結構な労力のいることです。

 

新年度ですし、もう一度初心に戻って、しっかりと向き合って行こうと思います。

医療関係者の方は、ぜひこの曲を聴いて頂きたいと思います。

考えるべき事が、そこにはあると思います。

 

〜嘘で何が悪いか 目の前を染めて広がる ただ地獄を進む者が 悲しい記憶に勝つ〜

星野源地獄でなぜ悪い」より